簡単な革靴のお手入れ方法

革靴は日頃からのメンテナンスがとても大事になってきます。

メンテナンスをせずに靴箱に入れっぱなしにしていると、カビが生えているなんてこともしばしばあります。

 

そんなことのないよう、革靴のお手入れについてご紹介致します。

まずはブラシでほこりなどの汚れを取り払います。

その後、革用のクリームを全体に塗っていきます。クリームを塗る場合は、柔らかい布が良いでしょう。使用しなくなった女性用のストッキングなどが最適です。

この時気をつけたいのが、クリームの量です。多すぎると革にシミがついてしまいますので注意しましょう。

今後は、塗った余分なクリームをきれいな布で取り除きます。

その後に、光沢を出したい靴にはシューポリッシュを塗って小さな円を描くように布で伸ばしていきます。

最後に仕上げ磨きをすれば、完成です。

もし、お持ちであれば防水スプレーをかけておくと突然の雨などにも対応できますし、シミになりにくいでしょう。

保管方法は、シューツリーを入れて保管します。

そうすることで、革靴の湿気なども一緒に吸い取ってくれますのでカビが生えにくいそうですよ。

革靴を大事にしてこそ、大人の男

オシャレは足元からという言葉をご存知でしょうか?

シューズにこだわっている男性はファッションの全体をみてもかっこいいですよね。

 

そのシューズにもいろんな種類がありますが、やっぱり大人の男が履くなら革靴!その革靴もお手入れが行き届いていないとせっかくのファッションが台なしです。

 

しかし、革靴のお手入れって少し面倒なのでは?と思いがちですが、実は簡単でこのお手入れをすることで革靴が長持ちする効果もあるんです。

お手入れには、この3つがあればOK!

シュークリーム、柔らかい布、ブラシ

コレさえあれば、だれでも簡単に革靴のお手入れができますよ。

まだ持っていない男性はまずここから始めてみませんか?

コードバンのメンテナンス

メンズの革靴といえば、オールデンのコードバン!

人生で一度でいいからはいてみたいものですよね。

 

そんな大事な靴のメンテナンスは緊張するもの。

このクリームであっているのかどうか。

やり方は間違っていないかどうか。

 

大事なaldenのコードバンを長持ちさせるためにも日頃からのメンテナンスが重要です。

そのお手入れ方法に関してご紹介致します。

用意するものは馬毛のブラシ、リムーバー、クリーム、リムーバークロス、フィニッシュクロス以上です!

まずは、このメンテナンスに必要な道具を揃えましょう。

 

その後は、これを使っての磨き方ですが、

汚れを落とす→塗る→染み込ませて→仕上げ

この4STEPでOKなんです。

 

難しく考える必要はありません!

どの靴もこの4STEPでいつまでも綺麗に靴を保つことができるんです。

 

どんなシュークリームがいいかなどは、オールデンを購入した際のお店などでも販売されているので、店員さんに聞いてみるといいかもしれませんね!

 

その靴に合ったシューケア商品があります。

また汚れを落とすブラシに関しては、馬毛が一番です。

 

この馬毛のブラシであれば、とてもやわらかいので靴を傷つける心配もありません。

正しいケアで大人の男の足元を目指しましょう!

長持ちにメンテは必須

-->